ピニトール配合はコレだけ!葉酸サプリ「ベジママ」の魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本体

妊娠をする前・妊娠が発覚後すぐに、葉酸を摂取することが当たり前になっています。

葉酸は、ビタミンB群の1種で、血液の元になる赤血球をつくるほか、細部分裂や細胞の成長、
葉酸不足によって発症する、赤ちゃんの先天性神経管閉塞症(下半身麻痺などの運動障害)
リスクを抑えることができるので、赤ちゃんのためにも必須な栄養素です。

また、不妊の元となる多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の改善や
妊娠をきっかけになる妊娠糖尿病の予防に効果があります。

そのため、赤ちゃんと妊婦さんにとって摂取しなくてはならない栄養素なんです。


妊活・妊娠中にかかる怖い病気

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)(女性の約5人に1人がなる症状)
妊娠糖尿病(女性の約10人に1人がなる症状)
赤ちゃんの先天性神経管閉塞症(運動障害など)


多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、女性の約5人に1人の確率でなる症状で、
葉酸を摂取することで改善することができます。

妊娠糖尿病は、妊娠するまで糖尿病にならなかった方が、妊娠をきっかけにかかってしまう病気です。糖尿病とは縁がなかった女性10人に1人の確率でなると言われています。

特に「妊娠糖尿病」は、赤ちゃんへの影響もあり、流産や発育不全、心臓病など大きな影響を与えてしまう可能性があるのです。 病気自体を治すことはできませんが、葉酸を摂取することで予防することができます。



妊婦

葉酸の摂取するべきタイミングは、妊娠前(妊活中)に摂取するほうがいいとされています。妊娠発覚後すぐに摂取できればいいのですが、実際に検査をして妊娠が分かるのが、妊娠をしてから1~2ヶ月後が多いからです。

そんな葉酸の1日の摂取目安量が「400μg」となっていて、食事だけでは補うことが難しくなっています。例えば、葉酸が100gにおよそ210μg含まれているブロッコリーやホウレンソウでも、毎日200gも食べなくてはいけない計算になります。 そのため、食事以外で葉酸を摂取するためにも、「葉酸サプリ」での摂取が推奨されているんです!

葉酸サプリは妊活サプリとも言われていて、
今では妊活中の方から妊娠中の方2人に1人が使用していて、妊活のお供だと言えます。


そんな葉酸サプリの中で、特に注目されているのが「ベジママ」です。
ベジママは、葉酸はもちろん、不妊治療でも使われる「ピニトール」を配合しています。
ピニトールは、体質改善や血糖値を下げる働きに加え、PCOSを改善する効果がある成分です。

また、葉酸サプリにもたくさんの種類がありますが、
ピニトールが含まれているのはベジママのみなので、妊活中の女性に注目されています。

今回は、注目されている「ベジママ」を注文してみたので、その効果を見ていきましょう!


初回限定価格は2,750円!注文をするならコチラ


ベジママが届いた!


箱

注文から2日後…「ベジママ」が届きました!
初回限定価格で、2,750円でした。



パンフレット

サプリ以外に、ベジママについて詳しく書いてあるパンフレットが入っていました。

自社で栽培されているピニトールの元になる「アイスプラント」の栽培方法や、
自社で栽培しているから高品質のものを低価格で販売できているなど、
ベジママの裏側を知ることができる内容になっていました。


粒は小さくて飲みやすいけど、独特なにおいが…


粒

粒の大きさはこんな感じ。

1日の摂取量は4粒。1回の量ではないので、分けて飲んでOKです。
小さいので、サラッと飲むことができました。

ただ、独特なにおいと苦みがあるので、
飲むときは一気に流し込むほうがいいかもしれません。


他のサプリにはない「ピニトール」が配合されている!


成分

ベジママには、ほかの葉酸サプリにはない「ピニトール」が配合されています。
ピニトールは血糖値を下げる働きをするアイスプラント由来の新成分で、不妊治療としても実績があり、月経不順や多嚢胞性卵巣症候群の治療に効果的な成分です。

ピニトールの含有量は1日あたり4粒で260mg。
葉酸は400μg。この量は厚生労働省が推奨する量とほぼ同じです。

ベジママは、不妊で悩んでいる方や妊娠初期に起こる可能性がある「妊娠糖尿病」を予防する働きがあるので、妊活始めたての方から妊娠初期(妊娠5~15週目)の方にオススメのサプリになっています。



葉酸サプリ比較表

ベジママを他の葉酸サプリと比較しました。

葉酸の量はどのサプリも400μgと同じですが、葉酸の種類が違って「合成葉酸」と「天然葉酸」があります。その違いは、体に吸収される率です。

「合成」と聞くと大丈夫なのかと思うかもしれませんが「合成葉酸」のほうが吸収率が良く、天然の場合、400μg摂取しても体に吸収されるのは半分の200μg程度なんです。

また、ベジママにだけ「ピニトール」が含まれています。 そのため、
妊活のサポート力でいえば、頭ひとつ抜けてベジママが優れているといるのです。


安全性の項目にある「GMP」について補足していきます。


<GMP認定工場とは>

GMPとは公益財団法人 日本健康・栄養食品協会が、健康食品(錠剤やカプセルなど)の製品が「安全」に作られ、定められた基準をクリアした「品質」が保たれるようにするための製造工程管理基準のことを言います。

このGMPに認定された工場は「GMP認定工場」と言い、
厳しい品質管理をされた安全な工場だとされています。




ピニトールが配合された「ベジママ」は妊活にピッタリ!



ベジママをオススメしたい方

これから妊活を始める方
PCOS(不妊)を改善したい方
妊娠糖尿病を予防したい方
健康で元気な赤ちゃんを出産したい方


ベジママは、初回50%オフ+無期限の全額返金保証を行っています。
そのため、「妊活を始めよう!」と思ったときに手が出しやすいと思います。

また、ベジママのみに含まれているピニトールと葉酸が妊活をサポートしてくれるので、これから妊活を始められる方や妊娠して間もない方「ベジママ」を始めてみてはいかがでしょうか。


唯一のピニトール配合サプリ「ベジママ」の詳細はコチラ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップに戻る