ベストが1着〇千円超え!?宅配クリーニング「リネット」を利用してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サイトトップ

多くのメディアに取り上げられ、たくさんの人に選ばれている「リネット」
今ではその利用者は”15万人以上”を超え、大人気になっています。

今回は、そんなリネットにクリーニングを依頼してみたので、どんな仕上がりになるのか検証してみたいと思います!


リネットの特徴!


15万人以上のたくさんの人が利用している
最短2日で届けてくれる!
無料で”再仕上”をしてくれる
リーズナブルな価格

特に再仕上ができるというのが魅力的なんじゃないかなと思います!

クリーニングが終わって受け取ってみると、大きなシミやシワはないですが気になることがありますよね。 独特なイヤなにおいが残っていることもあるので、再仕上が無料でできるのは大きいポイントです!


料金

また、 リーズナブルな価格で依頼できるのも魅力です。

ワイシャツは180円、セーターやブラウスは370円、スーツ上は690円(スーツ下は460円)など、宅配クリーニングの中でも低価格でサービスを受けることができます。


申し込みにかかる時間は1分!


申し込み確認画面

申し込みに必応な情報は、名前や住所、連絡先など基本的なものと、
集荷にきてもらう日と届け日だけです!


申し込み完了

申し込み内容を確認すると、申し込みが完了したとのメッセージが。

だいたい 1分もあれば申し込みが完了しちゃうくらい簡単でした!


申し込み完了後

申し込みが完了すると、
「クリーニングに出すものを準備してください」というメッセージが出てきました。


集荷に来る日

マイページを見てみると、指定した日と時間に集荷に来るというのが分かります。 この マイページから進捗を確認できるので、安心して任せられるなと思いました!

それでは、次にクリーニングに出す服たちを詰めていこうと思います!


申し込みは1分で完了!「リネット」でクリーニングするなら1分で申込完了!リネットコチラ


クリーニングに出す服たちを紹介!!


スーツ

まずはスーツ。

高そうなスーツですね…(社長の私物)


スーツ2

次もスーツ。

これもまた高そうなスーツですね…(社長の私物)


スーツケース

スーツはこのカバーに入れてあっても、なくても良いそうです。

カバーに入れて出した場合はちゃんと返送してくれるので安心できます。
今回はカバーに入れて出します!


ベスト

時期が過ぎてしまった”レザー”のダウンベストもクリーニングに出します。

今回は利用しませんが、
保管サービスがあるので次のシーズンまで保管してもらうこともできるんです。

高い服を出すとどれくらいの料金でクリーニングをしてくれるのか、
という検証の意味も込めてクリーニングに出します。


この”レザー”のダウンベストが、予想外の金額になるなんて…


ブルゾン

同じくシーズンが過ぎてしまったブルゾン。
まだ夜は寒い日が続いているので着ようと思えば着れそう。

いや、もう着れないですね。冬っぽいですし(*‘∀‘)


スタジャン

スタジャン!
なんか今回クリーニングに出すものの「黒」率高いですね。

黒って結構毛玉が目立ちますよね。
このスタジャンにも毛玉がところどころに見られます。

スーツのところで触れましたが、これ全部社長の私物です。
黒が好きなんですかね…!


シャツ

最後にシャツの登場です。
チェック柄の中に小さくドクロが散りばめられていますね。

だんだんどういう服が好きなのか分かってきました(笑)


服集合

以上が今回リネットに出す服たちです!

全体的に「汚れ」は目立ちませんでしたが、シワであったり毛玉であったり、 ところどころにあるのが分かったので、どれだけキレイになるのか楽しみですね!


梱包をするものは段ボールでも紙袋でもOK!


ビニールでくるむ

配送中のトラブルで濡れてしまったり、
ほかの荷物と混じったりしないように、ビニール袋でくるんでおきます。

ビニール袋は普段使っているごみ袋を使いました。


紙袋

梱包は段ボールでも紙袋でもOKです!

家にあるものを使えるので、新たに用意をする必要はありません!


段ボール

実際に梱包をするのは段ボールにしました。

紙袋の場合、荷物が多いと完全に口を閉じるのが難しいので段ボールに。
出す点数が少なければ紙袋でも問題ないと思います!


段ボールを閉じる

服を詰めたので閉じました!

今回使った段ボールは既に使ってあるものを使いました。
基本的に使用済みものを使ってOKです!

ただ、あまりにボロボロなものは配送中に壊れてしまうかもしれないので、
避けたほうがいいと思います。


マイページ集荷完了後

※全てのメールのキャプチャー画像には、右側にメールの原本を載せています


集荷が完了したあとマイページを確認してみると、
洋服が工場に到着したと書いてあります。

ちゃんと工場についたみたいでほっとしました…!


検品

工場に届いた後、検品がされて料金が確定します。


料金確定

今回の料金はこのようになりました…!

レザーのベストが6千円越え……それに別途発送になる…?

気になったので問合せたところ、本革などでできた衣類のクリーニングは別の工場での作業になるらしく、その分時間と金額が上乗せされるとのことでした。


キャンセル

このようにベストだけキャンセルすることができますが、
今回はそのまま承認をして、クリーニングをしてもらいます!

6千円超えになったレザーのダウンベストですが、レザーなのは襟と肩の部分だけです。通常のダウンの料金は1,520円からとなっています。

襟と肩の部分だけで約5千円もの上乗せされたと考えると、恐ろしいですね…(笑)

レザーやその他お高いものをクリーニングに出そうと思ったときは、
1回踏みとどまって考え直すことをオススメします。


メッセージ

料金に承認した後、
マイページを確認してみるとクリーニングを開始したとのメッセージが。

表示がキャンセルしたベストの届く日になっていますが、
クリーニングが完了して届くのは24日。気長に待ちます('ω')


発送

22日の日曜日にクリーニングが完了して発送したとのメールが届きました!

あとは届くのを待つだけですね!
どれだけキレイになって戻ってくるのか楽しみです(ドキドキ)


集荷から1週間で届く驚異のスピード!「リネット」でクリーニングするなら1週間でクリーニング完了!リネットコチラ


クリーニングから戻ってきた!!!


クリーニング完了

先週の17日(火)に発送をしてからちょうど1週間後リネットから届きました!

予定通りでしたね!


伝票

伝票を見てみると、発送元はLenet(リネット)運営事務局となっています。

それでは、早速見ていきましょう!


お礼のメッセージ

開封してみると、1番上にこんなものが。

リネットからのお礼のメッセージと注意書きが書いてあります。

注意書きには、配送時にシワができてしまうことがあるので、半日ほど吊るしておくと目立たなくなるから、早めに取り出しておいてということが書いてあります。


宅配キット

リネットを2回目以降に利用する際に使う宅配キットが入っていました。

一緒に送る伝票も入っていたので、2回目以降はもっと楽ですね。


洋服

中身をチェックした後、服を取り出しました!

それでは、1着ずつチェックしていこうと思います。


スタジャン

まずはこのスタジャン!

シワや毛玉がなくなりキレイになりました! 黒い服って毛玉がつくと目立ちがちですが、たまにはクリーニングでキレイに取ってもらうのもいいかもしれませんね。


ビフォーアフター

こちらがビフォーアフターです!

目立っていた毛玉たちがスッキリして戻ってきました!
自分でやろうと思ってもわずかしか取れないので、これは嬉しいです!


ブルゾン

元々気になるシワやシミがなかったブルゾンですが、
どれだけキレイになったのでしょうか…。


ブルゾンのビフォーアフター

比較をしてみるとクリーニング前にあったシワがなくなっていますね!

襟の周りやポケットの周りのシワがなくなってスッキリしました。


スーツ(チェック)

次に、チェック柄のスーツです。

襟からボタンにかけてのラインがちょっとヨレヨレになっていたのですが、
シワが伸びてピンっとなっています!

また、肩の位置のずれもちゃんと戻っています。


スーツ(チェック)ビフォーアフター

ビフォーアフターです!

襟からボタンにかけてのラインと
その裏にあたる部分もまっすぐキレイになっています。


スーツ②

2着目のスーツです。

こちらも元々キレイだったのですが、近くで見ると分かる変化が…!


スーツ②のビフォーアフター

写真だと変化が分かりませんね…(笑)

実際に近くで見てみると、
内側のシワであったり袖にあるシワがなくなっているのが分かります。

配送時にできたシワがあるかもしれないので、
ハンガーにかけておけば、より変化が分かるはずです!


シャツ

最後にシャツです!

クリーニングに出す前は結構シワが目立っていましたが、戻ってきたものを見ると気にならないですね!クリーニングに出す前と比べてみます。


スーツ②のビフォーアフター

比べてみると、結構ハッキリとシワが伸びているのが分かります。

シャツってしわになりやすいので、
たまにはこうやってクリーニングに出すのもいいかもしれませんね!


リネットの申し込みからクリーニング完了までの流れ


改めて今回リネットに申し込んでから、クリーニングが完了して届くまでの流れを簡単におさらいします!


申し込み確定画面

リネットに登録をしてから注文をします。

段ボール(紙袋)の個数やクリーニング時のオプション、 支払方法を決めます。

個数を入力するために、事前に段ボールか紙袋に詰めてみたほうがいいかもしれません。1個で申し込んだのに実際に詰めてみたら2個になった、なんてことが考えられるので…!


洋服を入れてお待ちください

申し込みを確定させると、このような画面が表示されます。

集荷に来るので、洋服を梱包しておいてというメッセージが表示されるのでそれに従って進めます!


引取りに伺う

集荷日になるとまもなく伺うというメールが来ます。

ここでもう1度今回の申し込み内容を確認して、あとは集荷を待つだけです!


洋服が工場に到着

集荷した翌日に洋服が工場に到着したと連絡が来ます。

ここから、検品をしてクリーニングに進んでいきます。


検品完了

検品担当の方から、検品が完了したとのメールが届きます。

ここで料金が確定します。
また、キャンセルしたいものがある場合はこのタイミングで連絡をします。


料金

料金はこのようになりました!

今回はキャンセルにしましたが、高い洋服(レザー)は結構かかることが分かりました。 他のものに比べると高い料金+別途発送で3週間もかかるので、素材によっては出す前に注意したほうがいいと思います。

お届け日は5月24日。 集荷に来たのが5月17日だったので、ちょうど1週間です。


クリーニング完了、発送

クリーニングが完了したとのメールが、22日に届きました。
到着予定の2日前ですね。

この日に届く、というのを忘れていてもメールが来るので問題ありません。


届いた段ボール

そして予定通りの日にクリーニングが完了した洋服が届きました!

宅配クリーニングってもっと時間がかかるもの、というイメージがあったので、
1週間で完了できるって結構早いんじゃないかなと思います。

もしかしたらもっと早いところがあるかもしれませんが…|д゚)


リネットを利用してみて…


今回は、宅配クリーニングの中でも人気のリネットを利用しました。

登録からクリーニングを申し込むところまでスムーズにできて、
つまずくポイントは何一つありませんでした。

ただ、梱包をする際に服の点数などを記載する紙を入れなかったので、本当に届くか少し心配ではありましたがマイページで進捗を確認できるので安心しました。

また、本革などの素材でできている衣類は出すときは注意したほうがいいですね。

検品が完了したあとの料金が確定した時点でキャンセルもできるので問題ありませんが、予想外に高くなってしまうので気を付けることをオススメします。


実際に服を出した社長の感想

レザーの服はやめておこう
料金もそんなに高くないし、服を梱包するだけだから楽
とにかく楽、すごい楽



リーズナブルな価格設定が魅力「リネット」でクリーニングするなら低価格だから利用しやすい!リネットコチラ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップに戻る