• 評価:
2.90/5.0
3

MBA(経営学修士)の詳細

費用
約300万円~
→最安国内MBAスクールの場合
期間
平均2~4年
難易度
★★★★★
就職
★★★★☆
  • 欧米のビジネスエリート資格
    →海外留学で取得する人多数
  • 起業する人の多くが取得
    →エリートの代名詞的資格

世界で通用するビジネススキルを誇る「経営のプロ」

初めて聞くという方もいるかもしれませんが、MBAは欧米のビジネスエリートの代名詞取得者に与えられる経営のプロとしての評価は非常に高いものになります。認定基準は取得する国で異なりますが、一般的には欧米で経営学を学んだ大学院修了者に授与される学位のことです。日本でMBAプログラムを導入している大学は、国際的に最も権威のある経営教育評価機関の認証をうけた慶応義塾大学と名古屋商科大学のみとなっています。

MBA取得者は、欧米のビジネスマンのノウハウを身につけたプロとして、金融・コンサルティング・マーケティング分野など、幅広い業種でのニーズが非常に高いです。また、外資系企業への就職に有利で、日本企業に就職する場合にも評価されるでしょう。企業内留学としてMBA取得を奨励する企業もあります。

MBA取得した方には転職または起業することでキャリアアップを図り、大幅に収入をアップさせたという成功者も数多く存在します。

経営のプロとして活躍したいという方には非常におすすめな資格ですので、当てはまる方はこれを機ぜひ検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MBA(経営学修士)の口コミ評判

  • 口コミ評判の表情
    さとる さん
    男性
    30代前半

    外資企業の社費でMBAを取得。日本人にとって厳しい資格。

    • オススメ度:評価:
    2016/10/19

    外資系の大企業に勤務しています。MBAの資格を取得したのは、業績等で一定以上の業績を残した社員には社費でMBAの取得ができる制度があり、キャリアアップのチャンスだと考えたからです。

    アメリカの大学に留学し、そのまま現地で就職をしたので、英語力には問題がありませんでしたが、普通の日本人がMBAを取得するのは相当の覚悟が必要だと思います。

    まず留学をしてMBAを取得するには、TOEICやTOEFLである程度の点数が必要で授業自体も英語なので、留学後も現地の学生以上の努力が必要です。次に、日本とアメリカの大学の厳しさは全く異なります。日本では、入学さえすればほぼ自動的に卒業できますが、アメリカでは単位認定が厳しいので日本のようにいきません。

    MBAを志すも、英語での専門的な授業についていけず、取得を諦める日本人の話を聞いた事もありました。TOEICは必要ですが、英語でのコミュニュケーションがより必要となってくるので、机に向かって英語を勉強しているだけでは厳しいと思います。

    参考になった
    6
  • 口コミ評判の表情
    K.K さん
    男性
    40代前半

    キャリアアップや転職の為に有利で評価の高いMBAを取得

    • オススメ度:評価:
    2016/07/01

    外資系の企業に勤めており、同僚の中でも一番早く役職に付き、何もかもが順風満帆でした。仕事も落ち着き平凡な日々を送っていた時ふいに、自分のキャリアアップが行き詰った様な感覚に陥りました。キャリアアップするために何ができるか、ヘッドハンティングをされるために今自分に何が足りなかを考え始めました。そんな時に今まで携わってきた仕事を他人に見える形にしたいと思い、外資系企業で評価の高いMBAを取得しようと思いました。

    当時勤務していた会社は比較的自由な会社だったので、大学院(ビジネススクール)に通う選択をしました。期間は2年でクラスメイトは30代~50代が多く、中には20代の方もちらほらという感じでした。毎日仕事に明け暮れていた日々だったので、異業種の方と関わりを持ていい刺激になりました。講義の種類は幅広く、特に自分が経営者だったらどのようなビジネスプランで経営していくかを考える授業が楽しかったです。

    MBAを取得してからはこれまでの経験を活かしながらも新しい仕事に挑戦したいと思う様になり、また別の外資系の企業に転職しました。こちらでは大学院に通う時間はとれなさそうなので、あの時取得しておいて正解だったと感じています。

    参考になった
    16
  • 口コミ評判の表情
    まー さん
    男性
    30代前半

    出身校によりレベルに大きな差があるので、学校選びには注意

    • オススメ度:評価:
    2015/03/10

    日本でMBAを取得しましたが、日本でのMBA資格のレベルはあまり高くはなく、希望する就職先に就職する事ができませんでした。

    日本でMBAを取得できますが、アメリカでMBAを取得する人が多いのが現状です。アメリカにはトップレベルの学校が多く、就職する際にはアメリカのMBAの方が日本よりも有利です。MBAの資格を取得しようと思った当時は、手軽に日本で勉強ができた方が便利と考えていましたが、今になってはそれに対して後悔をしています。

    就職がアメリカの学校出身者に比べて不利になっただけではなく、日本で勉強していると外国人の仲間過ごすチャンスが少なくなって、将来の人脈形成にも不利だったと思います。

    日本でMBAを取得するのは仕事を続けながら勉強をする事ができ、取得費用の面では留学するよりも有利ですが将来的には不利だと感じます。特に外資系に就職を希望するのなら、日本ではなく海外での取得がお勧めです。また、同じMBAでも出た学校によりレベルの差があるので、注意が必要です。

    参考になった
    7
ページトップに戻る