初めてのMVNO!格安SIMの上手な選び方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 格安SIMを使うためには、豊富なラインナップの中から自分に最適なものを選ぶ必要があります。
MVNO毎に通信プランや機能はさまざまで、どれを選べばいいのか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では初心者に向けた格安SIMの選び方についてまとめてみました。


格安SIMを選ぶポイント

格安SIMの種類 (音声通話を利用するかどうか)

 格安SIMには「データ通信専用」と「音声通話対応」の2種類があります。

「音声通話対応」プランでは、従来のキャリアサービスである3G音声通話を利用することができます。
「データ通信専用」プランの場合、IP電話サービスに加入したり、無料通話アプリを利用することで通話が可能になります。

☆格安SIMカード売り場の様子☆
店頭では3種類に分けて販売されていることが多い。

 また、ほとんどのMVNOはデータ通信専用SIMにSMS機能を付けたタイプのSIMを別パッケージで提供しているため、店頭などでは「データ通信専用(SMSなし)」「データ通信専用(SMSあり)」「データ通信+音声通話」の3種類に分けて販売されていることが多いです。

・通話は一切利用しない、メイン端末を別に持っている→→データ通信専用(SMSなし)
・LINEなどのSMS認証が必要なアプリを使いたい→→データ通信専用(SMSあり)
・今使っている電話番号をそのまま使いたい→→データ通信+音声通話


最大通信速度・通信容量 (月々どのくらい高速通信を使えるか)

 格安SIMを選ぶ上で、最も頭を悩ませるのが最大通信速度通信容量です。
メールの送受信やLINEのやり取り程度なら最大通信速度128kbps~500kbps程度でも十分ですが、アプリやブラウザを快適に楽しみたいなら最大150Mbps程度のLTEの高速通信が必須になります。

「最大通信速度・通信容量のバランスを重視したい!」

☆通信性能重視の方にオススメのプラン!☆

  • 5GB/月コース (OCNモバイルONE) 最大150Mbps 通信容量5GB/月 月額1,566円
  • ライトスタートプラン (IIJmio) 最大225Mbps 通信容量5GB/月 月額1,642円
  • 7GB/月プラン (DMM mobile) 最大150Mbps 通信容量7GB/月 月額2,462円
なお、高速通信の容量には上限があり、超過すると100kbps~300kbps程度まで速度が制限されます。
通信容量も7GB/月や50MB/日などプランによってさまざまなので、日頃のデータ通信量に合ったものを選びましょう。

「とにかくデータ通信をたっぷり使いたい!」

☆容量重視の方にオススメのプラン!☆

  • 定額無制限プラン (ぷららモバイルLTE) 最大3Mbps 通信無制限 月額2,980円
  • 500kbpsコース (OCNモバイルONE) 最大500kbps 通信容量15GB/月 月額1,944円
  • 10GB/月プラン (DMM mobile) 最大150Mbps 通信容量10GB/月 月額2,430円

端末との対応 (自分の端末で使えるかどうか)

 格安SIMは、一般的に全てのSIMフリー端末に対応しています。
しかし、docomoやソフトバンクなどのキャリア端末の場合、全てのスマートフォン・タブレット端末に対応している訳ではありません。
各MVNO公式サイトの動作確認済み端末一覧より、必ず対応しているか確認しましょう。

格安SIMは「安さ」で選んではいけない!?

格安SIMは何より料金の「安さ」が売りですが、MVNOやプランを選ぶ上で安さだけを基準に選んでしまうのは非常に危険です。
そのような選び方をした結果、後悔してしまうというケースも少なくはありません。

では何故、格安SIMを「安さ」で選んではいけないのでしょうか。

それは、MVNOを選ぶ上で一番重要なのは安定感や速度などの「快適さ」であるからです。
同じMVNOの中でもこの「快適さ」には明確な差があり、"キャリア回線に匹敵するほど快適"なものがある一方で、"どんな時間帯でも低速で常にイライラさせられる"ものまであります。

☆安さだけでSIMカードを選んでしまった場合☆
通信の遅さにストレスを感じてしまうこともある。

初心者の方は「安さ」だけで選んでしまいがちですが、MVNOの中には回線品質が劣っているものも存在するため、正しい選び方を知らないとストレスの感じる通信回線を使い続けることになってしまいます。


SIMカードの枚数 (複数の端末で使うかどうか)

 複数の端末で使う場合は、1契約あたりのSIMカードの枚数を増やすことができます。
データ通信の上限容量を複数枚のSIMカードでシェアできるので、家族で利用したい場合にも向いています。

「複数の端末でSIMカードをシェアしたい!」

☆SIMカードの枚数重視の方にオススメのプラン!☆

  • データSIM3枚シェアプラン (DMM mobile) 最大150Mbps 通信容量8GB/月 月額2,311円
  • ファミリーシェアプラン (IIJmio) 最大225Mbps 通信容量10GB/月 月額2,765円
  • スタンダードプラン (BIGLOBE) 最大112.5Mbps 通信容量10GB/月 月額3,790円

最低利用期間 (解約金が発生するかどうか)

 MVNOによっては最低利用期間が設定されているところもあります。
大手キャリアに比べると縛りは緩いですが、最低利用期間より前に解約してしまうと違約金が発生してしまうので注意しましょう。


評判 (実際に使っているユーザーからの評価が良いかどうか)

 格安SIMの通信品質はMVNOによっても変わってきます。
MVNO各社が提示している数値だけでは使用感を把握するのが難しいため、実際に使っているユーザーの評判も参考にしてみましょう。

「人気の格安SIMを使いたい!」

☆評判重視の方にオススメのプラン!☆

  • 100MB/日コース (OCNモバイルONE) 最大150Mbps 通信容量110MB/日 月額972円
  • 1GB/月プラン (DMM mobile) 最大150Mbps 通信容量1GB/月 月額712円
  • ミニマムスタートプラン (IIJmio) 最大225Mbps 通信容量3GB/月 月額972円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップに戻る