• 評価:
3.90/5.0
3

イエローナイフ(オーロラ)の詳細

費用:
約14万円~
飛行時間:
約18時間
時期:
11~4月頃、8~9月頃
難易度:
★★★☆☆
  • オススメポイント
    3泊で夢のオーロラ鑑賞確率95%!
    夏でもオーロラが見れる!
    昼間はアクティビティ盛り沢山。

最上級クラスのオーロラが見られるイエローナイフへ!

イエローナイフの景色オーロラで有名なカナダのイエローナイフ。
その観測率の高さから「オーロラの聖地」とも呼ばれています。

イエローナイフが人気を集める理由は、最上級クラスのオーロラが見られること。空の四方八方から色とりどりの大規模のオーロラが見られます。3泊すればオーロラを見れる確率が95%!

オーロラというと厳しい寒さを伴うイメージがありますが、寒さはまったく関係ありません! 条件さえ合えば夏でも同じように見られるんです。冬の寒さは厳しいので、寒さが苦手な方には夏がおすすめ。

オーロラ観測に適した条件は、晴天であること、月明りが少ないこと、街明かりから遠いこと、太陽の活動が活発であること

イエローナイフでは、オーロラ鑑賞だけでなく、カナダで有名な犬ぞりや、スノーモービルなど日中も北極ならではのアクティビティが楽しめます。実はイエローナイフは、日本からのオーロラツアー発祥の町。ホテル、レストランが揃い、日本人向けのアクティビティが充実しているんです。カナダのオーロラツアーで一番の人気を誇ります。

条件が揃ったときのみ見ることが出来る、神秘的なオーロラ。
時間が許せば、そのチャンス待って、オーロラに囲まれて忘れられないひと時を。

イエローナイフの特徴・おすすめをまとめると以下のようになります。


オーロラが高確率で観れる
条件さえ整えば年中(夏)でも見ることが出来る。
オーロラ鑑賞には、快晴率、日照時間が決め手。
日本人向けのアクティビティなども充実。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イエローナイフ(オーロラ)の口コミ評判

  • 口コミ評判の表情
    りな さん
    女性
    20代前半

    ピックアップ!口コミ

    裸眼で見るオーロラは霧の様?!運次第ですが条件が良ければ最高!

    • オススメ度:評価:
    2016/12/07

    10月に2泊3日でイエローナイフへオーロラを見に行きました。オーロラと言えば寒いときに見るというイメージですが、寒さは関係なく、一年中見えます。10月でもイエローナイフの夜はマイナスの気温になります。

    夜の9時頃から深夜の3時ごろ迄イエローナイフの山奥でオーロラを見るので、日中に仮眠を取ります。オーロラは毎日見えるものではなく、本当に運で、見えない日もあります。必ず見たいのであれば、2泊3日以上の滞在がお勧めです。また、いつオーロラが現れるかも分からないので、「ティーピー」というテントの中で暖を取りながらオーロラが現れるのを待ちます。

    裸眼で見るオーロラは白い霧のようなもので、はっきりとしたオーロラの色までは認識できません(霧と勘違いするくらいです)。一眼レフのカメラ等、レンズを通してオーロラを見れば、オーロラの色や形、動いている様子などがはっきりと見えます。なので一眼レフのカメラなど性能の良いカメラを持っていくことをおススメします。

    良かったことは、私は2日間ともオーロラが見れたことです。大変運が良かったです。何よりも、かねてからの憧れだったオーロラをこの目で見れたことが非常に良かったです。良くなかったことは性能の良いカメラでは無かったことから、綺麗に写真を取れなかったことです。

    参考になった
    5

    この口コミのみんなの反応

    • からふる さん:
      オーロラってレンズを通さないとテレビのようには見れないって本当なんですね!
  • 口コミ評判の表情
    ティーピー さん
    女性
    40代前半

    緑、ピンク、紫。鮮やかなカーテンみたいなオーロラが見れた

    • オススメ度:評価:
    2016/06/03

    スノボ仲間の友達とカナダ、ウィスラーに行くついでに、一生に一度は観ておきたい!と思っていたオーロラ鑑賞を計画しました。カナダでは三か所ほど有名な鑑賞先があったのですが、距離や乗り継ぎを考えてイエローナイフに決めました。

    個人旅行でしたが、英語もろくにしゃべれなかったため、前もって滞在先のホテルや現地ツアー会社の選択、乗り継ぎ時間の確認などしっかりしておいたので、迷うこともなく辿り着けました。拙い英語でオーロラ、オーロラと連呼していると、現地の人に「ノーザンライトね」と訂正され、そこで始めて英語ではノーザンライトと言われるのが一般的だと知って衝撃でした。
    現地の人達は、日本人にも日本語にもとても慣れていて、お店の表示も日本語がたくさん見られました。実際私達が滞在している間も、かなりの数の日本人に会いました。

    私達の滞在したB&B(Bed &Breakfast)では、これまた日本人に慣れた気さくなオーナーが迎えてくれました。オーロラ鑑賞は夜。帰ってくるのは夜中なので、毎朝起きるのは当然遅いのですが、毎朝温かい朝食が用意され、オーロラ鑑賞から戻ると夜食代わりにおいしいマフィンもいただきました。
    滞在は3泊4日でしたが、これは賭けで、少ない滞在で見られる人もいれば、運が悪いと観れずに帰るお客もいたこともある、と聞かされていたので、それだけは避けたいなぁと話していたのですが...なんと最終日までその不安を味わうことに!

    初日は何もかもが初めてで、厚着のスノースーツを着て説明を聞きながら凍った湖上で談笑して、まぁ今日は初日だし、観れなかったけど明日ね~と明るく帰れましたが、さすがに二日目に、かろうじて白っぽいモヤ状のオーロラしか観れられずに帰った際には、参加者の顔も曇り始め、ガイドさんも居心地が悪そうで。

    そして最終日。なんと帰る1時間前、30分前...時間は刻々と過ぎていくのに、出てきたのはうっすら緑の霧みたいなオーロラのみ。あまりのショックに参加者全員呆然としながら帰る準備をし始めた頃、ガイドさんがもしかしたらあと少し待てば出るかも知れないからと延長を決めました。さすがにこれでは可哀想だと思ったらしく、あと30分待ってもダメなら申し訳ないが諦めましょうとのこと。参加者もガイドも祈るような思いで空を見つめること20分。

    それからはあっという間でした。空のあらゆる方向から濃い霧のような雲が空の真ん中めがけて移動し始めて、ぶつかるたびに濃い緑のオーロラが出現し、それがまた渦を描いて動き始めると、別のオーロラとぶつかり、ピンクや紫といったいろんな色のカーテンが空中に広がり、歓声が沸きました。帰りのバスでは夜中だというのにみんな興奮してワイワイしながら、笑顔で帰ることができました。あの時みた感動、素晴らしい景色は今で忘れられない素敵な想い出となりました。

    今までオーロラを見たことがない方、ぜひ生で観ていただきたい!
    最近知りましたが、冬だけでなく、夏も観られるそうです。真冬の重装備をしなくても気軽に行けると人気だそうです。寒さが苦手な人にはうってつけですよ。

    参考になった
    10
  • 口コミ評判の表情
    シュヴァリエ さん
    女性
    20代後半

    5%に該当してしまったけれど綺麗なオーロラが見れた

    • オススメ度:評価:
    2015/08/23

    オーロラを見たくてどこに行くといいのかな、と調べていた時に見つけたのがイエローナイフでした。他にもオーロラがみられる場所は多いのですが。3泊すれば95%の確率でオーロラが見られるというだけでなく、ホテルやレストランなども揃っているのでやりやすいんですよね。とはいえ100%じゃないし、見られなかったらという不安もあったのでツアーではない形で行くことにしました。

    ちょうど出発日の都合的に成田からカルガリーへの直通便に乗ることが出来たので、イエローナイフまでの乗り継ぎも1回で済みました。そしてイエローナイフに着いたのはいいのですが、私と同じ日に日本からツアーで来てた人達もいっぱいいました。どうしても1人なので少しさみしい気持ちはありましたが、オーロラがちゃんと見られれば大丈夫だろうと思っていたんです。

    でも1日目も2日目も見る事は出来ず、勝負の3日目もついにオーロラは現れず…。がっかりした感じで帰っていく人たちを見ながら、私は最後の希望をかけて4日目に挑むことにしました。私の執念が勝ったのか、最終日の夜に「ブレイクアップ」と呼ばれる、空のあちこちからオーロラが出現する光景を目撃することが出来て大満足でした。イエローナイフの街は、犬ぞりやスノーモービルなどで楽しむことも出来るいい場所だったので、着いた日に念のため4日目も泊まる手配をしてたことがラッキーだったのかもしれません。

    参考になった
    6

    この口コミのみんなの反応

    • なな さん:
      私は3日間で勝負してきます!!(笑)
    • 羨ましい さん:
      執念勝ちましたね!!!最後の追い上げすごい!しかもブレイクアップ!
ページトップに戻る