評価:
3.21/5.0

椅子(クッション)を変えるの詳細

  • こんな人にオススメ
    デスクワークが多い
    脚を組んだり前傾姿勢で座っている
  • 一般的な予算
    5,000円~
  • 座り姿勢が最も腰に負担
    デスクワーカーの多くが腰痛に悩まされている通り、座り姿勢は腰にかなりの負担をかけています。正しい姿勢で座ることが腰痛改善の鍵となるのです。

座っている姿勢が最も危険!?腰痛の真実

腰に最も負担のかかる姿勢は何でしょう?立ち姿勢の負担が大きそうに思えますが、答えはなんと座っている姿勢なのです。

座った状態を横から見ると、ちょうど腰の真下から体が曲がっています。このため体重がダイレクトに背骨にかかり、立っている状態の1.5~2倍の負担がかかっています。

さらにこの状態で前傾姿勢を取ると、腰は悲鳴を上げています。デスクワークの人に腰痛持ちが多いのはこのためです。

座り仕事の人は、まず腰に負担の少ない椅子に変えるべきです。背もたれが高い位置まであり、しっかり体にフィットした曲線の椅子が最も腰への負担が少ないです。

職場の椅子は変えられないし…という人も、座っているときの姿勢を改善するクッションを取り入れましょう。最近では腰をしっかりホールドし、正しい姿勢に保ってくれるものまで登場しています。

現代人が長時間を過ごす座り姿勢こそ、腰痛改善にとって重要なポイントなのです。少しでも腰がきついなぁと感じたら早めに対策しておきましょう。


おすすめクッション


姿勢快適クッション

姿勢快適クッション
・座っているだけで姿勢を矯正するクッション
・首~腰まで全ての不調に
・整体の福辻氏監修

姿勢快適クッション詳細はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椅子(クッション)を変えるの口コミ評判

  • 口コミ評判の表情
    松 さん
    女性
    30代後半

    試しに何個も購入しましたけど、いいと思うのは最初だけ

    • オススメ度:評価:
    2016/08/07
    出産後仕事復帰をした際に現在の事務職に転職しました。1日7時間ほどほとんど座りっぱなし。以前の職業もオフィス内勤務でしたが、ここまで座りっぱなしの事務処理の仕事ではなかったので腰痛を感じたとこはありませんでした。 ずっと座っていると夕方・・・続きを見る
    参考になった
    4
ページトップに戻る